ビューティーコラム

HINT

痩せること = キレイになること?

痩せてキレイになりたい――。
TVや雑誌、友だちとのガールズトークでもよく聞く言葉ですよね。こうしたマジック・フレーズに耳慣れると、さも「痩せればキレイになる」ように思ってしまいますが、本当にそうでしょうか? BTB Beauty Column vol.9は、「痩せること = キレイになること?」と題して、理想のプロポーションについて考えたいと思います。

日本人女性が理想と感じる体重とは

shutterstock_160068632

まず、「BMI(Body Mass Index)※」という指標についてお話ししましょう。

肥満度の判定に用いられる国際的な標準指標で、
BMI = 体重(kg) ÷ 身長(m) × 身長(m)
によって算出されます。BMIは「22」が標準とされており、統計上ではこのBMIが22の場合が最も病気になりにくいとされています。

次に、「標準体重」についてです。
標準体重は、標準体重 = 身長(m) × 身長(m) × 22(BMI標準)
によって算出します。身長161cmの筆者に当てはめると、身長1.61m × 身長1.61m × BMI標準22 = 約57kgが標準体重ということになりますが…個人的には、それではかなり太めだなあと感じます。

1説によると、日本人女性は「標準体重の約87%」を理想の体重だと感じているそうで、近年は、美意識の高い女性や美容業界などを中心に「美容体重」なる新基準も浸透している様子。美容体重は、BMIの最低標準値である「18.5」を用いて、
美容体重 = 身長(m) × 身長(m) × 18.5(BMI最低標準)
から算出するのだそう。筆者の場合、美容体重は約47.9kgとなり、前出の「日本人女性は標準体重の約87%を理想だと感じる」という説を裏付けるに近しい数値と言えそうです。

※BMI関連記述の参照元:
・厚生労働省e-ヘルスネット
http://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/dictionary/metabolic/ym-002.html
・日本肥満学会 肥満症診断基準
http://www.jasso.or.jp/data/office/pdf/guideline.pdf) 他

「痩せること = キレイになること」を叶えるには

shutterstock_105738467

たるんだウエストや大きすぎるヒップのサイズダウンは、ダイエットの大きな目的。ですが、多くの女性にとって、ダイエットをする最大の目的は「キレイに痩せること・痩せて見えること」ではないでしょうか。仮に目標体重まで減量できたとしても、下腹部だけはぽっこりしていたら、もしくは、バストサイズが必要以上に減って貧相な印象になってしまったら、痩せてキレイになったとは言えませんよね。

ここからは、筆者が信頼を置く痩身エステサロンが提唱している「ゴールデンプロポーション(理想のボディ・バランス)」を例に、「プロポーション重視」の観点でダイエットを考えてみましょう。
ウエストを1とした場合、胴体部分の理想の横幅比率は、肩幅1.6、ヒップ1.4のX型が理想形とされています。

女性全身

筆者がこの痩身エステサロンに信頼を寄せるきっかけとなったのは、「理想のバストトップ間隔がウエスト比0.8」であることを指摘している点。
ものは試しにと、某百貨店のアンダーウエア売場でフィッターさんにお願いして試着を繰り返し、「ウエスト比0.8」になるブラジャーを購入したところ、確かにボディラインがいつもと違って見えるのです!その他にも、身長を1とした場合の理想のヒップ高は0.5、股下は0.47といった具合に、各部位の理想値が設定されているのですが、この数値がとても役立つんです。
理想どおりに股下を伸ばすことはできませんが、自分に似合うスカート丈や股上丈の目安がわかれば、洋服を買う時や日々のコーディネートの参考にできますよね。こうしたダイエット+αの恩恵を実感できる瞬間は、ダイエットを継続・成功させるうえですごく重要な要素なんです。

ダイエットの目標を、適正かつ納得いく形で設定するのは、思いのほか難しいものです。たとえば、「美容体重は47kgだけれど、さらに4kg減らした43kgを目標にする」と決めることは簡単。ですが、漠然とした願望だけで決めた目標を達成するのは簡単ではありません。体重は、個人の骨格や筋肉量によって違ってくるので、同じ体重でも、筋肉質な人と脂肪率の高い人とでは見え方が違いますよね。体重でもサイズでも年齢でも、「数字だけ」で満足のいく結果は得られません。つまり「痩せること= キレイになること」という方程式は、「プロポーションを重視したバランスの良いダイエット」でのみ叶うのです。

最後までお読みいただいてありがとうございました!

contributor

コラム投稿者:美容ライター歴15年 TOMOKO

CAMPAIGN

※コラムに記載されている内容は、投稿者独自の調査の上で掲載しており、当サイトでは、内容の信頼性、正確性、有用性その他に関して、一切、責任負担はできませんのでご了承下さい。

体験メニューのお申し込みはこちら

お電話(携帯・PHPもOK)でお申し込み 0120-1136-85
ネットでお申し込み お申し込みはこちら

page top