ビューティーコラム

HINT

痩せやすい身体づくりのための4つの習慣

明けましておめでとうございます!
新たな1年の幕開けとともにダイエットを始めた方、始めようと思っている方も多いのでは? 2016年初回のBTB beauty columnは、ダイエットにおけるモチベーション維持の大切さをテーマに、「痩せやすい身体づくりのための4つの習慣」と題してお届けします。

注意すべきは「ちょっと心が折れる瞬間」

ダイエット中は、日常生活の折々で「ダイエットに対するモチベーション」を試されますよね。たとえば、ランニングに行くつもりだったのに仕事で疲れて走る気分になれない時、せっかく夕食を少なめに済ませたのに夜中になって甘い物が食べたくて仕方がない時、ダイエットに励んでいるのに思うように体重が落ちない時 etc… そんな「ちょっと心が折れる瞬間」が1度2度と続くうちに、自己嫌悪に陥ったり、努力する気持ちの糸がプツンと切れてしまった経験、ありませんか? 筆者の周囲でダイエットに挫折してしまった人たちには、そんな「ちょっと心が折れる瞬間」をきっかけに諦めてしまったケースが多いように思います。ということは、「ちょっと折れた心を立て直す習慣」を身に着ければ、意外と簡単にモチベーションを維持できそうな気がしてくるじゃありませんか。それでは早速、日常生活で手軽に実践できて、ダイエットの後押しにもなる「4つの習慣」を提案したいと思います。

2016年から始める「4つの習慣」

1:お水

shutterstock_188706314

「常温以上のお水を1日1.5~2ℓ」が基本。1度にたくさん摂るよりも、複数回に分けてこまめに飲みましょう。起床時の1杯で排泄を促したり、食前の1杯で食べ過ぎを防いだり。お水を正しく摂る習慣は、痩せやすい身体づくりに欠かせません。

2:お風呂

shutterstock_241694761

シャワーだけでなく、入浴を習慣に。冷え性でむくみやすい筆者の場合は、「週に2度以上、38~40℃のお風呂に約30分」を目安にしています。冷えを改善するには血行の促進が、血行の促進には身体を内側から温めることが大切です。また、寒い冬に自宅で心地よく汗をかけるのは入浴時くらいではないでしょうか。お気に入りのアロマや音楽をお供に過ごすバスタイムは、ダイエット中のいい気分転換にもなるはずです。

3:食事

Fotolia_97404937_Subscription_Monthly_M

摂取カロリーは、「1日1,600kcal」を目安に。朝・昼食は各600kcalを、BMAL1(※)が増加する夜(夕食)は400kcal程度に留めるのが理想の配分です。食べ始めて10~15分すると血糖値が上がり、空腹感が充たされるので、早食いの傾向がある方は、よく噛んでゆっくり食べるだけで摂取カロリーを減らせる可能性も。また、痩せたいからといって食事を抜くのは厳禁です。筋肉量や基礎代謝の低下を招いて、結果的に痩せにくくなるリスクが高まります。

※BMAL1(ビーマル・ワン):夜に食べると太りやすいことを立証するタンパク質。
(参照:日本大学薬学部Web http://www.pha.nihon-u.ac.jp/page-706.html

4:セルフストレッチ&マッサージ

shutterstock_297640988

「少しでも毎日続ける」が鉄則。TVを観ながら開脚・屈伸をしたり、入浴中に日頃あまり使わない足の指を積極的に動かしたり、リンパに沿ってマッサージをしたり。1日10分でもいいので毎日続けることを心がけましょう。

今回のコラムを書くにあたって、ダイエットに関するさまざまな調査とその結果(※)に目を通したところ、ダイエットに失敗した理由の1位に最も多く挙がっていたのは「続けられなかったから」という意見でした。意外にも、運動や食事制限が「辛いから」ではないんですね。たしかに、筆者自身の経験を振り返ってみても、辛いから断念した記憶は無く、「ダイエットしたいのに、何も努力しないまま1日を終えてしまった…」という、どんよりしたキモチや自己嫌悪と向き合うことがイヤになってダイエットをやめてしまったように思います。
今回ご紹介した4つの習慣、ぜひこの機会に始めて&続けてみませんか? あなたの2016年から、ダイエッターにとっての宿敵「何も努力しないで終わってしまう憂鬱な1日」を無くしてしまいましょう!
最後までお読みいただき、ありがとうございました!

※参考:
オレンジページくらし予報調べ「ダイエットに関する調査(http://www.atpress.ne.jp/news/61356)」、リサーチプラス調べ「ダイエットに関する調査(http://www.research-plus.net/html/investigation/report/index85.html)」、他

contributor

コラム投稿者:美容ライター歴15年 TOMOKO

CAMPAIGN

※コラムに記載されている内容は、投稿者独自の調査の上で掲載しており、当サイトでは、内容の信頼性、正確性、有用性その他に関して、一切、責任負担はできませんのでご了承下さい。

体験メニューのお申し込みはこちら

お電話(携帯・PHPもOK)でお申し込み 0120-1136-85
ネットでお申し込み お申し込みはこちら

page top